E.Breath Clinic 心斎橋

CLINIC

+WEB予約

ページトップへ

クリニックの設備と各種測定機器について

クリニックの設備

院内 FreeWi-Fi

基本的にはお待ちいただくお時間を設けないようにはさせていただきますが、少しでもリラックスしてお過ごしいただけますよう待合室にはfreeWi-Fiを設置させていただいております。

パウダースペース

治療後にヘアスタイルやお化粧直しなどにもお使いいただけます。

X線撮影装置

レントゲン撮影にフィルムを使わずコンピュータで処理し、診察室のディスプレーに高解像度の画像を表示します。
撮影に要するX線被曝量も低減されています。

感染防御

現在クリニック内で使用するすべての器具は患者様ごとに交換しております。
高い安全性を確保した環境をご提供いたします。

AED

当院では、AED(自動体外式除細動器)を設置しております。いつ、どこで、不測の事態が起こるかわかりません。
また、当院の待合室や診療室内で起こることもあるかもしれません。
そのため、不測の事態にすぐに対応できるように、スタッフ全員がAED(自動体外式除細動器)を使用できるよう、指導をしております。

セミナールーム

日本口臭学会の臨床指導研修施設である当院では多くの歯科医師をはじめとする医療従事者が見学実習に来られます。
また、当院の治療法『ほんだ式口臭治療法』を学ぶために国内外から多くの方が来られますので、これらに対応できるセミナールームを設置しております。

各種測定機器

リアルタイムでわかる各種測定機器。多角的な視点から総合的に診断を行っています。

自律神経試験

  • ハートレーター

    ハートレーター

    加速度脈波計&心拍間変異分析測定器-APGハートレーターSA-3000Pは、加速度脈波計と心拍間変異分析機能を1台に搭載し、血管老化度と自律神経のバランス診断を同時に行う検査機器で左人差し指にセンサーを装着し短時間で簡便に測定ができ、検査結果は詳細なレポートで提供されます。

口臭ガス測定器

  • SGHA-P2(水素・メタン・CO測定)

    オーラルクロマ

    ガスクロマトグラフィーにて、口腔ガス中の主要口臭成分とされる揮発性硫黄化合物の3要素ガス(硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイド)を分類し測定します。

  • ツィンブレーザー

    ツィンブレーザー

    ガスクロマトグラフィータイプでは世界最高水準。
    揮発性有機化合物として代表される、硫化水素、メチルカプタンの2種の口臭ガス臭気を分類し測定します。

  • ブレストロン(口腔内ガス濃度・緊張時口臭の判定)

    ブレストロン(口腔内ガス濃度・緊張時口臭の判定)

    揮発性硫黄化合物を測定します。
    専用マウスピースの使用で、歯磨き剤や洗口剤のような影響を受けにくくなっています。

  • アテイン(口臭発生能力試験・口腔内微生物環境変化)

    アテイン(口臭発生能力試験・口腔内微生物環境変化)

    口臭を起こすバクテリアである口腔内嫌気性菌を活性化し、予想出来る最大口臭レベルを測定します。

  • BBチェッカー

    BBチェッカー

    口臭ガス測定器B/Bチェッカー mBA-21は、口腔内ガス、呼気ガス、鼻臭を、個別に測定可能。
    においの起源を類推できます。測定値はウェーバー・ヘヒナーの法則に則り、ガス濃度をヒトの嗅覚レベルに置き換えた、におい強度を独自の単位(B/B値:0 ~ 100)で出力します。

呼気ガス分析

  • SGHA-P2(水素・メタン・CO測定)

    SGHA-P2(水素・メタン・CO測定)

    水素測定器です。センサガスクロマトグラフは、ガス検知部に高感度半導体ガスセンサを使用し、ショートカラムを採用していますので、試料ガスの高感度計測と高速分離が可能です。
    水素を広い濃度範囲で簡単に、且つ高感度に計測することが出来、水素以外に一酸化炭素とメタンも計測することが出来ます。

唾液検査

  • 唾液リスクテスト(CAT21バフ)

    唾液リスクテスト(CAT21バフ)

    唾液分泌機能(3分間で唾液を出すことが出来る能力(咀嚼時))を測定します。
    食後の緩衝能力(飲食後の急激な酸性化を元の状態に戻す能力)を測定します。

  • 唾液性状試験(サリバPFTキット)

    唾液性状試験(サリバPFTキット)

    安静時唾液分泌能力試験、唾液の質(pH、濁度)を測定します。

  • アークレー・シルハ(唾液リスクの検査)

    アークレー・シルハ(唾液リスクの検査)

    歯の健康・歯ぐきの健康・口腔清潔度に関連する6項目を一度に測定します。(測定項目:むし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・たんぱく質・アンモニア)
    洗口吐出液にて日本人における平均値を基準にしています。

全身スクリーニング

  • 尿検査(ポケットケム)

    尿検査(ポケットケム)

    尿検査の実施により、基礎的な内科的診査を実施します。

口腔内乾燥度

  • ムーカス

    ムーカス

    舌上の水分圧を測定します。舌先端から10㎜にセンサーの一部を垂直一定圧でかけることで、口腔内の乾燥状態が一目でわかります。

サリバチェッカー

  • 唾液ガンリスクスクリーニング検査

    唾液ガンリスクスクリーニング検査

    唾液は「身体の鏡」と言われ、血液や尿と同じように健康状態の指標となる多くの情報を含みます。唾液中の成分の大部分は血液由来の為、がん細胞から染み出す代謝物質は血液を通り、唾液中に染み出します。これらの物質の濃度を解析することで、現在がんの疑いがあるかどうかを調べます。人間の唾液には2種類あり、サリバチェッカーは血液成分に近いと言われる「安静時唾液」を用いて検査を行います。