E.Breath Clinic 心斎橋

口臭関連情報

+WEB予約

ページトップへ


日本人の口臭の実態



女性の方が男性よりも口臭レベルは高い! 若い女性より、おじさんのほうが口臭はマシという衝撃的事実!


2019年に5月に実施された日本人の口臭の実態、各都道府県別の傾向などをまとめた『口臭白書2019』(https://www.gogohaisha.com/breathhazard/research/)によると

調査結果では、普通に会話したときの口臭レベルを機械的測定した結果は次のようになりました。
口臭測定値は通常会話で相手にわかるレベルで50以上なら相手がわかる迷惑な口臭レベルです。(ただし、これは人の鼻でにおったものではありません=現実とは少し違うかもですが、だいたい正しいです。)
全被験者の口臭測定値平均は32.2。男女別で見ると、男性30.2、女性34.3となり、女性の方が測定値平均が高くなっています。つまり、女性の方が男性よりも相対的に口臭が臭いということ。

さて、通常の会話で相手に不快感を与える口臭のある人の割合ですが、周囲の人が気になる口臭レベルである「50以上」は、全体の13.1%となり、およそ8人に1人が基準値オーバーとなりました。
つまり、日本人の8人と会話したら、1人は口臭がひどく相手は不快臭(ひどい口臭)を感じているということで、日本人はいかに口臭がきついかわかります。インド人もびっくりです!実はあるテレビで調査した時、旅行に来たインド人は日本人の口臭がきついことを嘆いていましたから。。。
もっとも、インド人の口臭も臭ったことはありますが、みごとに「カレー臭」でした(笑)お年寄りなら「カレー臭+加齢臭」ですね(笑)
日本人の場合は、「ゴミ臭、下水臭、ドブ臭」の感じですね
いろいろな国の人の口臭を、実際に鼻でにおってみたら、国ごとに違います。食性や国民性、ライフスタイルの違いによるものと考えています。アジアの人は大抵至近距離では口臭がありますが・・
ましてや、通常より近い距離(相手との距離が40センチ以内)なら、ほとんどの人に口臭があることがわかります。キスする距離感では、全滅でしょう(T_T)
キスする位置の息を無臭にすることがマナーの白人とキスしたら嫌がられるのはしかたないですね・・・日本人とハグやキスは嫌という欧米人の証言はもっともなことです。
ただ、臭い者同士では相手の口臭はわかりませんのでご安心ください。(日本人同士の場合)

「え~!そんなに多いの!」と思ったあなた・・・・きっとあなたはかなりの口臭があるかもです。
なぜなら、相手の口臭がわかるのは、自分の口臭よりも、もっとひどい人と出会ったときしかわからないからです。自分の臭いはわからなくなるので。(嗅覚は、同じ臭気が続くと感じなくなります。濃度の高い臭気に慣れるとそれより低い濃度のニオイはわからなくなるのです。つまり自分の口臭に相手の低い口臭はマスキングされるからです。)
同じほど臭い者同士は、全く相手の口臭もわからなくなります。だから、自分よりも臭い口臭がある人に、「口臭ある?」と聞いても、少しあったとしても、自分より低い口臭レベルについては感じないので、「わからない」と言われるでしょう。口臭のチェックを受けるときは、自分よりもマシな人に聞かないとわからなくなります。

日本人の口臭なんて感じたことのないあなたは、最強の口臭がある可能性が高いです。
男女で比較すると、基準値をオーバーした人の割合は、男性(8.3%)に比べて女性(17.9%)の方が2倍以上も多いという結果になりました。

また2030代を「若年層」、4060代を「中高齢層」とし、年代別に見ると、女性40代以上の中高年層では24.1%、つまり約4人に1人もの人が、基準値を超える口臭レベルであるという結果が出ました。40代以上の中高年女性の4人と会話すれば、1人は口臭がきつい人がいるわけで、日本人の口臭に対する意識レベルがいかに低いのかわかりますね・・・特に女性
いくら着飾ってセレブな感じでも口臭があるとがっかりしますね?
更にびっくりすることは、なんと若い女性の口臭レベルはおじさん(中高年男性)以下であることも判明!
若い女性たちよ!おじさんを馬鹿にしてはいけない、あなた達よりおじさんはマシなんだから・・ほんの、すこしですが(笑)



おじさんのほうが若い女性より口臭は強そうですが・・それはイメージだけで実際は逆なのです。僅差でおじさんのほうがマシなのです。おばさんよりは圧倒的に、おじさんは口臭レベル低いですが!
でも、おじさんは存在が臭いのかもしれませんが(;_;)・・・それは同意します。
でも、家族のために頑張っているおじさんをいじめないでください・・おじさんたちは、「臭い!」と言われても「モラハラ!」「パワハラ!」とか叫べないですから(;_;)
逆に、おじさんが少しでも若い女性に「臭い!」といえば、すぐに「モラハラ!セクハラ!パワハラ!」と総攻撃されボコボコにされるのですから(笑)
娘に「お父さん口臭い!」と言われたら「お前に言われたくないよ!お前だって!」と言いたいところですが、実際には言えないですよね・・(By HONDA)


なぜ女性は男性より口臭発生リスクが高いのか?


『口臭白書2019』(https://www.gogohaisha.com/breathhazard/research/)によると、女性の方が男性よりも口臭がひどいという結果に驚いた人も多いと思います。
実際に、口臭外来を訪れる患者の割合も、大学の調査でも、ほんだ歯科の実際の実態においても 男性対女性の割合は、概ね1:2で女性の方が男性の2倍も多いのです。

7000人以上口臭患者を診てきましたが、全ての患者さんの生活記録(どんな生活をして、そんな飲食をして、どんなときに口臭が起こるのかを調べています。)
女性が男性よりも口臭リスクが高いのはなぜなのか?その考えられる原因ですが、次のようなことが理由です

1.女性はホルモンバランスが不安定になりやすい・・毎月の変動と一生に3回やってくる大きなリスクがある。

ホルモンの分泌や流れは、血流と並行しており自律神経によってコントロールされています。ホルモンバランスが崩れることは、身体状態の安定を維持している自律神経系の働きを乱す結果、無意識に調節されている口腔内の生理機能(唾液分泌機能や嚥下機能など)が一時的にダウンします、その結果口腔内の細菌学的環境も一時的に悪化して口臭をおこしやすいのです。
成人になれば生理周期があり、生理のときや排卵日付近のホルモンバランスの変化によって身体的、精神的バランスを崩しやすく、口臭が起こりやすい。
ホルモンは血液に乗って呼気に吐き出される結果、ニオイの種類としては薄いワキガににた臭気になります。それに加えて通常の生臭い臭気が加算された特有のニオイになります。また、人生において大きくホルモンバランスが変化するのは、思春期、妊娠期、更年期でこのシーズンは身体の変調をきたしやすく、それに伴う口臭が起こりやすいです。

2.妊娠・育児期の身体的精神的負担からくる口臭

妊娠中は、「妊娠時歯肉炎」のように、血行も悪くなり、末梢に浮腫が起こりやすく、口腔内ケアや歯科医院による専門的管理を怠ると、歯肉は擬似歯周病(妊娠性歯肉炎)のようになり口腔内の環境も悪化しやすく「妊娠時口臭」を起こしやすいです。妊娠すれば、子供さんのためににも自身のためにも、歯科医院における定期的な歯周ケアを受けられることをおすすめします。
また、妊娠の月齢(6~12週あたり)によって、妊娠悪阻(つわり)が起こり、胃腸の不調を訴えたり、実際に嘔吐反射がひどくなったり、胃液が逆流したりすることで口腔内の環境が著しく劣化する時期があります。
また、妊娠後期の体力の消耗などによって身体に負担がかかり、体調も悪化しやすく結果として口臭が起こりやすくなります。
更に出産後は、不規則な授乳と絶え間ない乳児の世話などで口腔内衛生管理も不規則となり疲労も激しくなるなど過酷な負担が強いられる結果、口腔内ケアもままならず、その上、疲労時口臭も起こりやすいです。

2.女性は結婚すると、男性よりも身体的・生活的環境の変化が大きく、身体的精神的ストレスがかかりやすい

女性は独身時代こそチヤホヤされ、大事にされ、オシャレにメイクに、旅行にと自由気ままでまさに独身貴族ですが‥‥結婚すれば、妊娠、出産、育児と限られた空間で自分の時間さへもままならない過酷な生活が強いられます。さらに、子供さんが学童期に入ってもそれは継続します。その上、仕事に復帰しても、育児の間のブランクもあり、以前のようには活動できないストレスや、家事と育児の両立となると、精神的にも肉体的も過度のストレスになっていくことが多いです。
若い間は、子供も小さいこともあり、休日は家族で一緒に過ごしたり、夫も協力的で、育児を手伝ったりしますが、子供が成長して育児から開放されても、家事はあるわけで、炊事・洗濯・掃除と24時間勤務ですから大変です。
更に仕事と両立となると、もっとストレスがかかります。中年女性になって、やっと落ち着ける頃、更年期がやってきてきます。更年期は、ホルモンバランスが大幅に変化する次期で、思春期口臭と同じように更年期障害の結果として自律神経障害を引き起こし、体全体の機能が不安定になり、口臭がひどくなりやすいです。こうして、中年女性は中年男性に比べて口臭がひどくなるのも想像できます。
「男性も仕事で大変なんだから」と反論する諸氏よ!
男性は確かに「外に出れば7人の敵あり」とは言うものの、仕事や社会でストレスを受けるのですが、女性に比べて圧倒的に発散しやすいのです。
会社で嫌なことや辛いことがあっても、仕事帰りに、同僚と一杯やりながら愚痴ったり、パチンコ・競馬・麻雀・キャバクラ・休みになれば家族と離れて釣りにゴルフとか、いつでも家事を奥さんに押し付けてストレス解消できる環境にあります。
逆に、「家に帰るのがストレス」という人が多いのも事実です。(まるで自分のことを言っているようですが(笑))
「亭主元気でるすががいい」というCMが大ヒットしましたが・・・奥さんも、旦那が帰宅すればしたで、かえってストレスをかかえるケースもあります。
家事+亭主の世話も大変ですね・・
いずれにしても、中年女性は中年男性の2倍以上も口臭リスクが有るという調査結果も頷けますね。


3.若い女性(若年層)はおじさん(中高年男性)に比べて、なぜ口臭は悪いのか?

では、若い女性(若年層)はおじさん(中高年男性)に比べて口臭は良さげに思いますが、実態は僅差ですが、おじさんよりも悪いというのはどうしてでしょうか?
若い女性は、歯磨き回数も男性に比べて多いと思います。
歯磨き回数が多いほど口臭が起こりやすいのに!
口臭白書の調査結果では1日2回歯磨きする人より3回する人の方が口臭は強いという結果が出ています。
回数が多ければ多いほど、唾液を喪失したり、pHの低下を招き、口臭はきつくなることを知らないのです。その理由については、別の項目で解説しましょう。
もしも、歯磨き回数を多くすれば、口臭が少なくなるということが正しいのなら、誰も口臭に悩まされないでしょう。
若年女性は中高年男性に比べて甘いスィーツやおやつ、ジュース、乳飲料などをダラダラと口にする機会が多いです。中高年男性の場合は、勤務中、飲み食いは基本的にできませので、またそんな時間もありません。
ホテルのお昼の、スィーツバイキングにいくと90%は女性であることでもわかりますね。
通常、飲み食いすると、その直後に飲んだものや食べたりしたものが残留し、唾液中のアミラーゼなどの酵素によって分解を受け酸性に傾きます。その場合は、酸敗した口臭が発生すると同時に虫歯に対するリスクが高まります。口腔内が酸性に傾くと、虫歯リスクのみならず微生物環境も劣化します。もともと唾液にはpHを安定にする機能(緩衝機能)があるのですが、飲食後急激に低下するpHに対して、もとの中性に戻す時間は個人差はあります。通常約30分かかります。唾液の緩衝能力(中性にする能力)が低下している人は、飲食後長時間不安定になり、飲んだり食べたりした後に口臭がひどくなっていきます。
したがって、飲食後に中性になっていないな間に、さらに飲食を繰り返すと、そのつど口腔内のpHは不安定になり口臭も起こしやすいのです。
ほんだ式口臭治療法では、常に口腔内のpHを安定させる口腔内化粧品を導入します。すべての治療用素材の全てに口腔内のpHを安定させる成分が含まれています。
飲食しても口臭をひきこさないセルフコントロール方法は、別の項目で詳しく説明します。

若い女性よりもおじさんが臭いのは、口臭ではなくて「加齢臭」だったり「着たきりのスーツから発する異様なニオイだったり」「顔が臭かったり」・・そもそも、存在(イメージ)が臭いのかもです。
意外と口臭はいいのです、そこは、おじさんを代表して強調しておきましょう!(by HONDA)


アラフォーからのリアルな口臭サイエンス


これは当院の認定スタッフが書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

 

 

本田院長は一般歯科医が治さない口臭を治すドクターです。

当院の患者様の半数は、当院に来る前に歯医者に行って口臭を相談されてます。

すると、虫歯や歯周病の治療をされてお・わ・り。

口臭は残っているのですね。

 

 

口臭には原因があります。

 

一般歯科の先生は、大学で歯科治療で治らない口臭のお勉強はされていないのが現実です。

 

では、どこで勉強するのかというと、当院の本田院長のところで勉強されます。

ですので、当院には日本全国からドクターさんたち、そのスタッフの方がお勉強にいらっしゃいます。

何度か本田院長の講義を受けて、試験を受けて、合格した方がEBACのメンバーとして独り立ちできるのです。

なので、口臭を診てもらいたい方は

EBACのクリニックに行ってください。

詳しくは、ブログ「口臭治療集団EBACとは」をご覧ください。

https://ameblo.jp/ebreathclinic-news/entry-12591796357.html

 

 

さて、本題に戻すと

アラフォーの女性は、もっとも口臭がある年代なのです。

おじさんよりも口臭があるという結果があります。

アラフォー女性は特に、月経、妊娠、出産、更年期などのホルモンのバランスの変化が多いお年頃。

男性よりも、生理的な口臭リスクが高いのです。

オーラルケア後進国の日本では、生理的口臭について無臭ケアをするという意識が低いです。

男性の場合は、外でお仕事されて、ついでに飲みに行ったり週末のゴルフなど、適度に羽を伸ばしてます。

女性は、家で家族のことに毎日毎日多くの時間を費やしています。

ストレス度合いは女性の方がHIGH上矢印上矢印上矢印なのであります。

ストレスは、口臭の原因です!