E.Breath Clinic 心斎橋

口臭関連情報

+WEB予約

ページトップへ


口腔内の違和感と口臭の関係



口の中が熱い感じと口臭の関係


口腔内温度が上昇(熱い感じ)すると、口臭を引き起こす事があります。

このような場合は、舌の状態を見てみてください。
多くの場合は舌に本来あるはずの健康的な舌苔(実際には舌乳頭で、病的舌苔ではなく、通常うっすらと白く舌表面に存在しています。舌の先や舌の周囲には存在しません。)がなく、全体的にピンクっぽい感じになっていないでしょうか?
口腔内が熱くなる原因について書いておきます。該当するものがあれば、その原因を無くするような取り組みをしてください。そうすれば、そのような状態は改善するでしょう。

口腔内が熱くなる現象は、東洋医学的には次のように考えられています。

*生理的な機能が過剰である場合。

*体の液成分(血液や体液)の不足から相対エネルギーが過剰である場合。(過激な運動の後など)

*西洋医学的見地からは炎症や生理活性・代謝の亢進。

具体的にわかりやすく説明すると次のように考えるといいでしょう。
 

A.口腔内の問題点

1.口腔内の炎症

口の中に歯科的問題を抱えると、ほとんどの場合は細菌感染による炎症(虫歯菌や歯周菌など)なので、生体側の防御反応として発熱を伴います。発熱といっても歯科的な場合は局所に限定されるので口の中の温度が上昇します。念のために気がついていない虫歯や歯周的問題がないかについて歯医者で検査を受け必要があれば治療してください。

2.口腔内粘膜の乾燥と過敏

アトピーや、アレルギー性鼻炎、花粉症など、アレルギーを引き起こしやすい体質(アレルギー性素因)がある場合、口腔粘膜もまた過敏であることが考えられます。また、アレルギー性素因が無くても、安静時唾液流が少ない場合(食事以外のときの口の中の唾液が少ない場合)は、口腔内は乾燥を引き起こし粘膜過敏が引き起こされ、口腔粘膜に末梢血管の拡張がすることによって口腔内温度が上昇します。おおむね、口腔粘膜は全体的に赤っぽくなっています。

さらに、ブラシや器具で舌苔除去を行う習慣のある人は舌の粘膜に傷がついてしまうので緩やかな炎症を常に抱え、さらに、口腔内温度が上昇するでしょう。

このような場合は、舌苔除去などの物理的刺激や、界面活性剤などの化学製品を含む一般歯磨き剤の使用を停止して、口腔内粘膜への刺激を遮断することと、トレーニングによって自分の意思で唾液を出すようにして口腔内の乾燥を防ぐ努力が必要です。とりわけ、舌苔除去習慣がある場合はすぐに止めたほうがいいでしょう。過剰な舌苔は内科的要因が無い場合、機能的な舌の運動と安静時唾液の確保によってきれいに消失します。

3.精神的ストレスによる口腔内緊張による口腔内空間の喪失と口腔内の閉鎖の持続

精神的不安や緊張が持続すると、安静時にあるはずの舌表面と口の天井(天蓋)との間のスペースが無くなりかつ、安静時では上下の唇の間にはわずかな隙間が存在しますが、唇も密着させて口を完全に閉鎖するために、口腔内の温度が高くなっていきます。

 

B.全身的問題

1.生理的な場合

女性の場合は生理的周期に伴う基礎体温の変化があり、基礎体温の上昇期は一時的に口腔内温度の上昇する。

また、運動などによって一時的体温の上昇。

2.病的な場合

内科的・病的疾患による炎症性・熱性の疾患がある場合は、体温上昇に伴い口腔内温度も上昇するので、この場合は原疾患の治療が必要。

以上を参考に該当するものかないかを考えてみてください。

(by Dr.HONDA) 2020/02/24


寝起きの口の違和感と口臭


起床時は、どんなに健康な人でも口臭を引きおこします。
自分で口臭を自覚することもあれば、わからないこともありますが、あなた以外の人は、通常会話距離や、至近距離では不快な口臭を感じることが多いです。
英語でも「Morning Breath」と呼ばれています。










これは、睡眠中は、唾液の分泌が抑制され、さらには舌の動きも緩慢になるので、口腔内の唾液の状態は非常に悪化します。
起床時の唾液は、活動中に比べて流れが悪くなるために、取り込まれる酸素の量が少なく、普段口の中に常在している、常在細菌のうち、酸素を嫌う口臭ガスを発生させる、悪玉菌の嫌気性菌が活発に活動するためです。
←これは、プラークコントロールが行き届いた歯科衛生士の起床直後の唾液の顕微鏡写真です。
左上に丸く見えるのは、死んだ細胞(新陳代謝)です。
中央下の丸い綿くずに見えるのは血球の破壊されたもので、その隙間をぬって小さないろいろな形の微生物が激しく運動しています。
ちなみに、歯周病などを引き起こす歯周病菌は酸素を嫌う嫌気性菌なので、睡眠中は歯周菌が活発に活動するので歯周帽は夜睡眠中に進行するのです。


←食後の美しい唾液の比べて起床直後はいかに不潔であるかがわかるでしょう。
食後は、唾液は微生物の活動が抑えられ、普段口臭がひどい人でも口臭は消えるのです。




←これは起床直後の歯の周囲の溝(ポケット)から採取した歯垢です。(ちなみのこの歯科衛生士には、歯石もないし歯周の状態はベストです。)
たとえ、口腔衛生のプロの人でも歯周病菌などの集合体である歯垢(デンタルプラーク)も起床直後が最大の量になっています。納豆のネバネバ(納豆菌の集合体=納豆菌のプラーク)のように、歯の周囲の溝のポケットに、ぎっしりとてんこ盛り状態になっています。

 

 

さらに、就寝食前に飲んだり食べたりした残渣が唾液に含まれる消化酵素によって分解を受け酸やエステルなどの有機物に分解されていると、酸っぱい異様な臭気もまじります。
また、飲食物残渣そのもののニオイも残ることがあります。

歯周病などで、出血や排膿がある場合は、軽度であっても口腔内に残留して腐敗した臭気が起こります。
また、寝起きの唾液には、歯周病菌などが産生した、歯茎や歯槽骨を破壊する内毒素という毒素も飽和状態です。

さらに、睡眠中は、口呼吸習慣がなくてもわずかに、口は開いているために乾燥します。
乾燥によって、唾液中に含まれる不良な、臭気物質は揮発性がまし臭気はより強くなるのです。

その上、少しでも、喉の炎症があったり、鼻が詰まっていたりすると耳鼻科系の炎症産物も喉の奥に溜まっていたり、乾燥によっても喉の奥から炎症産物(後鼻漏・膿栓などの炎症産物)も唾液に混じっているので、臭気もより強くなります。
「は~」とすれば、喉の奥から臭います。

起床時口臭は、一時的なもので、その後に歯磨きを行い口の機能が戻リ、新鮮な唾液の流れが回復するとなくなります。

起きてすぐに唾液を捨てて歯磨き(歯垢除去)をしていない人や、何もしないで食事する人やコーヒーを飲む人は、莫大な有害な細菌を飲み込み、大量の危険な内毒を飲み干し、腐敗した炎症産物を飲み込むことになります。

起床時の唾液には、インフルエンザやコロナウィルスなどの病原性ウィルスも大量に含まれ、それを飲み込んでいることになります。

知り合いの耳鼻科の先生が、あるクラスの小学生に起床直後に唾液を捨てさせ歯磨きをさせたところ、インフルエンザが発生しなかったことの報告を受けたことがありました。

いかに起床直後の唾液は最悪であるかがわかりますね!

(対策としては)

歯科的な問題・耳鼻科的な問題がある場合は、必ず受診して治療しておくこと。少しでも問題がある場合は、起床時口臭はかなり深刻になります。
また、歯周病は治療後も定期的に(1~3ヶ月)歯石(歯垢が石灰化してブラッシングでは排除できないもの)除去などの定期的なメインテナンスを欠かさないこと。(欠かすと、起床時口臭はひどくなっていきます。)

寝室の空気乾燥を避けること。(保湿機などの使用)

1.就寝前はしっかりと歯磨き(歯垢除去)をすること

2.喉の問題を抱えている人・不安がある場合は、念の為に殺菌剤入りのうがい剤で、喉もしっかりうがいすること。

3.歯磨きや喉のうがいをした後は、水以外の飲食はしないこと。

4.起床直後は、口腔内は悪玉菌、口および喉の腐敗炎症産物(生理的なものも含まれる)、内毒素が飽和状態なので、歯磨きの前に口・喉をすすぎ(できれば専用リンス)その後の歯磨きをすること。

E.Breath Clinic 心斎橋(ほんだ歯科口臭外来部)EBACにおける専門治療では

1.口腔内・耳鼻科領域(喉・鼻)などの診査→必要に応じ治療紹介(リエゾン治療)

2.オーラルケア指導・生活指導・食生活指導などのカウンセリッグ

3.口腔粘膜・喉粘膜・舌粘膜に対する酸素処理(医療用二酸化塩素口腔内化粧品 Pro Fresh CL)更にレベルに応じて、さらに高濃度の二酸化塩素口腔内化粧品による酸素処理と粘膜への定着トリートメント
ほぼ1回の処理で、12時間は口や喉の臭気は無臭化されます。

4.診断によって口腔内粘膜からの不良タンパク除去トリートメント

5.診断に応じて口と喉の境界領域部の舌背部分へのヒト由来善玉菌の移植処理(プロバイオティクス療法)

6.症状に応じて高濃度水素吸引法(舌・粘膜の血流回復と活性酸素除去)による唾液分泌促進を行う。

等によって、症状に応じた無臭化と根本的な治療が行われます。

( By Dr.HONDA 2020/02/24 )