E.Breath Clinic 心斎橋

口臭関連情報

+WEB予約

ページトップへ


検査機器について



アテイン


これは当院のスタッフが書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

 

E. Breath Clinic(イーブレスクリニック)心斎橋は、口臭症治療を確立された本田 俊一のクリニックです。医院名に「Dental」や「歯科」などは入ってないですが、院長 本田俊一は歯科医師でございます。(獣医師でもございます)

 ☝本田院長の著書でございます。とっても分かりやすく書かれていて、おススメでございますheart

日本のみならず、海外からも口臭症の治療法を学びに、多くのDRやスタッフの方々がいらっしゃいます。

 

「本田俊一は口臭症治療を確立」と簡単に書いてますが、その治療に必要な世の中になかった口臭測定検査機器をゼロから作ってしまうほど、徹底して情熱に満ちているのですwink まさに 全てをゼロから作ったパイオニア 開拓者なのでございます。当院に「口が臭い」という主訴でいらした患者様は、まず数多くの検査機器で検査を行います。世界中でここまで検査機器がそろっているところは他にありません。そこで 本田院長が開発した検査機器をご紹介いたしますenlightened

 

アテイン

このアテインは何かと申しますと、口臭レベル(口の臭さの度合い)は日によっても異なりますし、同じ一日でも強くなったり弱くなったりします。

口臭が気になって来院される患者様は、来院したという事実で安心してしまい、当院の中では いつもより口臭が弱くなってしまってしまうことも多いです。

口臭が弱い状態で発している口臭ガスを測定しても、納得できないですよね。

患者様ご本人からすると、「今はあまり気にならないけど、仕事してるときの午後3時が一番ににおうのです!!」といわれても

その方の職場までついて行って、午後3時に 口臭ガスを測定しないと、患者さまご本人が訴える一番強いにおいの口臭ガスレベルを測定できないです。

 

そこで、お口の中の口臭の原因になるのは、嫌気性菌であることがほとんどです。お口を30秒間、尿素でブクブクうがいしてもらいます。

その口臭の原因である嫌気性菌のもつ酵素により、尿素は水とアンモニアに分解されます。その分解されたアンモニア濃度で、口臭の最大値を推測するのです。

つまりは、その方の最大に口臭が強い状態を、推測できるのですlaugh

 

こんな機械が世の中にあるなんて、歯科衛生士学校でも教えてくれないです。この検査で出た数値は、口臭症で受診された患者様もご納得していただけるのではないでしょうか。

 

(by Dr.HONDA  2020/04/22)


B/Bチェッカー


これは当院のスタッフが書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

 

「お口の臭いが気になるんです。」と普通に歯医者に行くと・・・

「歯が磨けてないからですね。 歯はきちんと磨きましょう。」「むし歯がありますね。治療しましょう。」「歯周病ですね。 クリーニングが必要ですね。」

と言われるかと思います。治療が終わればそれで終わり

治療後 もし 「まだお口の臭いが気になるんです。」と言うと

「お口の臭いはないですよ。○○さんは歯もきれいに磨いてるし大丈夫。」と言われます。

 

でも再度「やっぱり、お口の臭いが気になるんです。」と訴えると

「大学病院で診てもらいますか精神科に行ってみてもいいかも。」みたいな流れになります。

 

当院にいらっしゃる患者様に問診するとこの流れの方は少なからずいらっしゃいます。

 

そして「大学病院の口臭外来に行ったのに  『口臭はないです。 頭おかしいのではないですか?』 とドクターに言われた」とおっしゃった患者様もいらっしゃいます。

そんなお話を伺っているとそれはつらかったですねとこちらも悲しくなります。本田院長はそのような方の治療をして現在までに7000人の患者様を診てきました

口臭症治療を行うにあたって必要な検査機器までを開発されているのですすごい情熱その一つをご紹介いたします

B/Bチェッカー

 

人が生活をする上でパーソナルスペースというものがあります対人距離です。

このB/Bチェッカーは40㎝離れた位置で(40㎝は手を伸ばさなくても相手を触ることができる距離)人がどのように感じるか臭いのレベルを測ることができる機械ですyes会話の時に吐き出される、全てのガスを測定した後に、嗅覚レベルに換算されるので、会話の時に相手がどう感じるかがわかります

 

 

測定すると数字で出てくるので、 たとえば10以下だと「全くにおいを感じない」

50以上の数値だと「臭いを感じる」と判断し、100以上の数値だと「強いにおいを感じる」など6段階でにおいのレベルを判断します。

 

 

検査機器によっては硫化水素やメチルメルカプタンなどの特定のガスのみを測定しますが、このB/Bチェッカーは良いにおいも悪いにおいも測定できるのです。

このような機械があるなんて歯科衛生士学校でも教えてくれませんでしたし、今まで勤務した歯医者にも置いてませんでした

 

(by Dr.HONDA  2020/04/22)


ハリブレッサーHALIBREASOR


これは当院のスタッフが書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

 

先日、新しい機器が日本に上陸するとのことで、スタッフ皆でお勉強しました。「ハリブレッサーHALIBREASOR」です。日本初上陸です。

少し施術者よりの説明になりますが、ご紹介しますsmiley

 

こちらは、ガスクロマトグラフィー方式で、口臭臭気中の主要構成成分である揮発性硫黄化合物を測定します。

測定するのは硫化水素 と メチルメルカプタン の二要素ガスです。

ちなみに、ガスクロマトグラフィー方式とは、カラムという筒に、さまざまな物理化学的性質をもった担体を詰め、そこに種々の混合物を流すことで、単一の物質を分離・精製することができる手法のことです。

 

つまり、管の中に、石をたくさんいれているとして、そこへ混合物(臭気)をいれて、後ろから風をあてると、小さい物質は、するすると石の間をすり抜けていきますが、大きな物質は、石にたびたびあたり、なかなか管を進むことが出来ません。そして、管の先に検出器があり、到着した時間で物質を特定し、測定します。

 

ツインブレーサーⅡTWIN BREASORⅡ」や、「オーラルクロマCHM-2」と同じ方式になります。

 

 

大きな違いは何かと言うと、

 

軽い!なんたって2㎏!充電式で持ち運びに便利!全自動測定で安定したサンプリングで、精度が高い!です。

 

 

ただ、水分に弱いそうで、鼻腔内臭気の測定はおすすめしていません。測定することは可能です。また操作がとても簡単で分かり易いです。結果もパネル状に波形グラフで表示されます。

 

今後も水素を測定できるようにする等、どんどん開発を進めているそうです。

 

 

ちなみに、「ツインブレーサーⅡTWIN BREASORⅡ」は、揮発性硫黄化合物(硫化水素・メチルメルカプタン)要素ガスを測定出来ます。

同じく全自動測定で安定したサンプリングと、精度の高さが魅力です。こちらは口腔内臭気・呼気臭気・鼻腔内臭気を測ることが出来ます。ただ少し大きいです。5.9㎏。

 

 

オーラルクロマCHM-2」は、揮発性硫黄化合物(硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド)三要素ガスを測定出来ます。

こちらはシリンジで採取する為、施術者の腕が試されます。こちらも口腔内臭気・呼気臭気・鼻腔内臭気を測ることが出来ます。

ただ温度や湿度の影響を受けにくく、キャリアガスが不要です。重さは4㎏。

 

同じ原理で測定する機器でも、能力に差があります。E.Breath Clinic 心斎橋では、多角的に診断出来るよう機器を取り揃え、患者様が納得のいく治療が出来るよう充実させています。

 

(by Dr.HONDA  2020/04/22)


ブレストロンⅡ


これは当院の認定カウンセラーの書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

 

本日は、 レストロンⅡ」 をご紹介します。

 

 

この機器も、揮発性硫黄化合物(VSC)を測定するのですが、まとめて測定します。測定する揮発性硫黄化合物は、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドの3要素ガスです。

 

先日紹介しました検査機器との違いは、

①高感度ガスセンサー方式であること

この原理は、家庭用のガス漏れ警報器に搭載されているガスセンサと同じです。ガス感応部の材料に、金属酸化物半導体を使用した、高感度の半導体式ガスセンサが搭載されています。

半導体式ガスセンサは、センサに内蔵されたヒーターによって約450℃に加熱状態にされており、その半導体表面に、VSCが吸着することで、半導体の電気抵抗値が変化します。

この電気抵抗値の変化量を捉えることでVSCをまとめて検出します。

ゆえに低濃度のガスを検出するのに適しています。また、小型寿命が長いが特徴です。

 

②集団検診・学校検診向けであること

本体内部の循環排気には活性炭が入っており、空気中の有害ガス歯磨剤、洗口剤の影響を受けにくい構造になっています。

さらに専用のマウスピース内部には、 VSC を選択的に通過させるフィルタが装填されており、妨害ガスの影響を受けずに呼気中の VSC を測定することが出来ます。

ゆえに、検査室ではなく、出向いた先の場所においても、環境に左右されず測定することが出来るようです。

 

フィルター内蔵マウスピース

 

★★★

ちなみに、濃度を表す単位についてですが、

ブレストロンⅡは、呼気中のVSC濃度を、ppb(parts per billion 10億分の1)の単位で表示します。

これがどのくらい微量な濃度を測定しているかというと、25mプールを例に例えると、

25mプールの容積を、長さ 25m× 幅 14m × 深さ 1.4m の 約 50万ℓ とした場合、  

 500ml のペットボトルを1本プールに入れると、濃度は 1ppm 1000ppb

 

  50ml のワイングラス1杯をプールに入れると、濃度は 0.1ppm 100ppb

 

  5ml のおちょこ1杯をプールに入れると、濃度は 0.01ppm 10ppb

と表すことが出来ます。

 

ブレストロンⅡは、4段階に分けて測定しますが、この単位の時点で、非常に低濃度のVSCを検知出来るかが伝わるかと思います

 

患者様が納得のいく治療をすすめていけるよう、検査機器をはじめとする設備の充実は勿論ですが、スタッフ一同日々勉強しております。

 

(by Dr.HONDA  2020/04/22)


アテイン mBA-400


これは当院のスタッフが書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

 

 

 

この機器は、口臭発生能力 を測定します。

 

直接口臭を測定するのではなく、口腔内に尿素を含み、口臭を起こすであろう嫌気性菌を活性化させることで、患者様に起こりうる、最大口臭レベルを測定します。

口臭はあったりなかったりするので、一番最悪なときの口臭を再現します。したがって、あったりなかったりする口臭の場合は、最悪な時の口臭を再現できます。
したがって、受診された時いかに口臭がないとしても、いつかおこった時の最悪な状態を知ることができるのです。

------------------------------

原理について説明していきます。まず、嫌気性菌とは、口腔内の蛋白質やアミノ酸を分解し、口臭の原因となる揮発性硫黄化合物を生成します。

そんな嫌気性菌は、空気を嫌う細菌です。ナマエドオリデスネ!

酸素がたくさんあると、全く発育しない、もしくは発育が緩慢になり、活動を抑制されます。活動を抑制されるものの、死滅するわけではありません。

そして嫌気性菌の中には、尿素を分解するウレアーゼという分解酵素を持つ細菌がいます。このことをウレアーゼ活性を持つと表現します。ウレアーゼ活性を持つ細菌を、ウレアーゼ活性菌と呼びます。

 

尿素を口腔内に取り込むと、尿素を加水分解し、二酸化炭素とアンモニアを生成します。

(NH2)2CO + H2O → CO2 + 2NH3

 

生成されたアンモニアを検知管で測定すると口腔内のウレアーゼ活性菌数を推定出来ます。よって口腔内嫌気性菌レベルを測定することが出来るというわけです。

------------------------------

ちなみに、よく聞くピロリ菌もこのウレアーゼ活性を持つ細菌です。正式名は、「ヘリコバクター・ピロリ

ひげの部分を回転させて移動するので、ヘリコ(らせん・旋回)と名付けられています。ヘリコプタートイッショ!

 

そんなピロリ菌が、強い酸性の胃液の中で生きられるのは、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、アンモニアで酸を中和することにより、自分の周りの酸を和らげているからです。

------------------------------

こうしてアンモニアを指標として測定するわけですが、その理由とはなんでしょうか。

①安全性が高いこと

尿素は体内を循環している常在成分であり、量を間違えない限り安全です。

体内には尿素が常にめぐっていて、血液中にも存在しています。モトモトアルナラアンシンデスネ!

 

②信頼性が高いこと

アンモニア測定は簡便に出来、すでに化学工業を始め多くの産業分野で使用されているという実績があります。

また、もともと日常生活で口臭が指摘される場合のアンモニア濃度は、数ppmに過ぎないそうです。ゴクゴクショウリョウデスネ!

この、尿素を含み「口腔内アンモニア濃度を大幅に増幅させる」方法は、もしも口臭のアンモニアがあり混在していたとしても、事実上無視出来るわけです。

ちなみに、アンモニア増幅(AAM)法 といいます。

 

以上の2点があげられます。

------------------------------

話を戻しまして、この値が高い(アンモニア濃度が高い=ウレアーゼ活性菌が多い=口腔内に嫌気性菌が多く存在するということは、

①  歯周病の疑いがある 

歯周病の主な原因菌は、嫌気性菌です。

②  口腔内細菌のバランスが崩れている宇宙人くん

ということが言えます。

 

唾液のコンディションや口腔内の状態は、常に一定ではありません。もしも、診察時に口臭を測定することが出来なかったとしても、患者様の状態を把握することが出来ます。

 

患者様が安心して治療を進めていただけるよう、設備の充実だけではなく、スタッフ一同日々勉強しています。

何か気になることがございましたらいつでもお問合せください。

 

(by Dr.HONDA  2020/04/22)


SGHA


これは当院のスタッフが書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

 

 

この機器は、ガスクロマトグラフィー方式によって、水素(H₂) ・ メタン(CH₄)  ・ 酸化炭素(CO) の3要素ガスの濃度を測定します。キハツセイイオウカゴウブツジャナインダ。。

なぜこの測定を行うかと言うと、腸内環境を確認するためです。

なぜ調べるの?どのように調べているの?かというと、E.BreathClinic心斎橋のホームページ「口臭関連情報」の “口臭とおならについて

に詳しく書かれています。

そちらをぜひ読んでいただければと思いますが、軽く知りたい方はこのまま読んでいただれば幸いです。

※私は臨床スタッフではないため、専門知識や治療法については勉強していません。

身体の仕組みについては、成美堂出版の「ぜんぶわかる人体解剖図」を参考に書いています。

詳しく知りたい方は、院長・臨床スタッフのブログなどをみていただけたらと思います

 

呼気から、水素(H₂)・メタン(CH₄)・一酸化炭素(CO)が検出されるということは、腸内活動が行われていることを指します。

それってどういうことだろうと思う方もいるかなと思いますので、まずは消化について少しだけ説明します。

消化とは、食べ物を、体内に吸収出来るように小さく分解することです。小さくするために、「酵素」を使います。

酵素は、分解できる相手が決まっていて、そのことを基質特異性といいます。またタンパク質でできていて、熱や酸に弱いので、最適pHと温度(得意な環境)が決まっています。

(酵素はそれぞれ住んでいる臓器が異なるということです。)

 

三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂肪は、こんな風に分解される場所が異なります。理科、懐かしいですね。

 

 

こうして酵素によって分解された栄養素と水分は、ほとんどが小腸で吸収されます。小腸とは、十二指腸(指12本分くらいの大きさ)、空腸(小腸の約2/5)、回腸(小腸の約3/5)からなります。6mほどの長さがあり、だいたいキリンかそれより大きいくらいです

小腸の表面はひだ状になっていて、「絨毛」と呼びます。その絨毛にはさらに小さな「微絨毛」というひだがついていて

表面積が大きいため、効率良く吸収されるというわけです。

 

 

その次の消化器官・大腸では、水分の吸収と一部のミネラルの吸収、排出に向けての一時保管を行います。

そして小腸で吸収されなかった食べ物の残りは、大腸にいる様々な腸内細菌によって分解されます。

 

胃(pH1~3)では強い酸性環境のため細菌は少なく、十二指腸(pH5~6)、空腸・回腸(pH6~7)でも細菌は少なく、大腸付近にくると増え始め、大腸にはたくさんの腸内細菌が存在しています。ただ大腸内は酸素濃度がとても低く、生育に酸素を要する細菌は生きることが出来ません。

腸内細菌は、発酵により分解し、副産物としてガスを発生します。これがおならの約30%残りは、口や鼻から吸いこんだ空気ですkiss

「小腸で吸収されなかった食べ物の残り」とお伝えしましたが、三大栄養素である炭水化物は、糖質と食物繊維からなり、食物繊維は体内の消化酵素では分解されない成分の総体です。

そのため食物繊維は大腸でしか分解されないので、繊維分を多く含む食べ物を食べると、ガスの量も増えます

こうした分解から産出されるガスが、水素(H₂)・メタン(CH₄)であり、無臭で分子量のとても小さなガスです。

おならとしてだけでなく、分子量が小さいため呼気からも検出することができます。そこでSGHAの出番というわけです。

この分解は、善玉菌と言われる乳酸菌などが行います。

また、牛乳を飲んだ時にも、ガスが増えます。それは、牛乳の中に含まれる「乳糖(ラクトース)」を分解する酵素「ラクターゼ」を持つ人が少ないためです。

小腸で分解されず、大腸の腸内細菌によって分解されるのでガスが増えるというわけです。

よく聞く、「牛乳を飲むとお腹が緩くなります。。」という方は、この乳糖(ラクトース)が大腸内で水分を集め、ゆるゆるの状態にするためです。

この下痢になる仕組みは、キシリトールなどの甘味料を多量に摂取した場合や、

マグネシウムたっぷりの硬水を飲んだ場合、腸内感染した場合(これは排出しようと水分が集まってくる)も同じです。

ちなみに臭いおならとは、ネギ類、にんにく、にらなどの硫黄分(S)の多い食物を摂取した場合や、肉類などのタンパク質の過剰摂取により、酵素で分解し切れず、大腸で腸内細菌によって分解される場合に、硫化水素(H₂S)、二酸化硫黄(SO₂)、二硫化炭素(CS₂)、インドール(C₈H₇N)、スカトール(C₉H₉N)

が産出されたときに起こります。この分解は、悪玉菌と言われるウェルシュ菌などが行います。

 

上図のように、アミノ酸には、アミノ基、カルボキシル基がついていて、炭素・水素・酸素・窒素の組み合わせであり、これが連なってタンパク質になります。

 

また、タンパク質の過剰摂取により、悪玉菌のエサ(アミノ酸)が増え、腸内細菌バランス(住む総数が決まっている)が崩れ、便秘になり、さらに臭いおならに繋がります。

。。。化学式で分かり易く、と思ったんですが、少しややこしかったかもしれません。

食べ物によって(食べ物の構成元素によって)、おならのにおいが変わるということですね。

この腸内活動の仕組みを利用し、SGHAの測定値から、患者様の腸内活動を診断しています。

そして、身体に良いですよ!と、医院でおすすめしている水素吸入は、食べ物から摂取出来るということでもあります。

まずは、ご自身で出来る範囲で、食生活の見直しをしてみても良いかもしれません。

(by Dr.HONDA  2020/04/28)


APGハートレーターSA-3000Plus


これは当院のスタッフが書いたブログ記事から引用しました。一部編集しております。

「APGハートレーターSA-3000Plus」をご紹介します。

この機器は、心拍間変異度分析(Heart Rate Variability)(略してHRV)加速度脈波計(Acceleration Plethysmo Gram)(略してAPG)を行うことで、

自律神経の状態、血管の状態を測定します。

 

私も勉強しながらなので、うまく伝えられるか不安ですが、良ければお付き合いくださいちょうちょ

すこしボリュームがあるので2回に分けます。今回は、心拍間変異度分析についてです。

では原理の説明のため、心臓の仕組みからお話ししますね食パン

心臓は、心筋という筋肉でできていて、こぶしくらいの大きさですグー私たちの身体の中のものは全て、脳からの指示で動きますが、心臓は「洞房結節といういわゆるぺースメーカーによって自分で動きますランニング

そして脈拍を増やす交感神経と、脈拍を減らす副交感神経によって微調整をしています。

このぺースメーカーである洞房結節へ刺激が伝わると、洞房結節→房室結節→ヒス束→右脚左脚→プルキンエ繊維 と伝わり、心臓は収縮・弛緩をします。

みんなで手をつなぎ、1つの波を伝えようと動いたことあるかと思いますが、心筋細胞は、細胞がギャップ結合をしていて、刺激に対してみんなで動きます。

筋肉なので、神経のように早くは伝わらず、心房が収縮し、少しして心室の収縮が始まる絶妙なポンプ作業です消防車

 

この一回の動きで、ドックンと動いて、右心室から肺へ・左心室から全身へ血液が送られていきます。

脈拍を増やす交感神経が働くと、このドックン(心拍)が速くなります。脈拍を減らす副交感神経が働くと、このドックン(心拍)がゆっくりになります。

 

心臓の心筋が収縮する際には、心筋細胞で電気の流れが生じます。この電気の流れを記録し、心臓の異常を発見するのが「心電図」です食パンケンコウシンダン、ミナサマドウデシタカ❔

 

では、この刺激の流れを心電図で説明しますねメロンパン 心電図に表れる波は、PQRST波と名付けられています。

 

P波     : 心房筋の収縮

PとQの間   : 刺激が房室結節からヒス束、プルキンエ線維を伝わる時間

QRS波   : 心筋の興奮が心室内に伝わる時間

T波     : 心室筋が弛緩して次の収縮に備える時間

 

これが、一回のドックン(心拍)です。このRとRの間(R-R間隔)の周期的な変動を「心拍変動」といいます。心拍変動を解析することを、心拍間変異度分析といいます。

 

このR-R間隔の心拍変動を解析するのですが、解析方法は3つありますコッペパン

時間領域で解析する

周波数領域で解析する

位相領域で解析する(ここでは説明しません。)

 

時間領域で解析するとは…1つの波を時間的変化としてとらえますタコ

 

・心拍間隔の標準偏差を算出する(SDNN)(全体的な変動をみる。)

・連続した心拍間隔(R-R間隔)の差を、二乗した値の、平均の二乗根で表す(RMSSD

 

周波数領域で解析するとは…1つの波を周波数の異なる多数の波(正弦波)の集まり(和)としてとらえます魚しっぽ魚からだ魚あたま

周期性を持った波は、どんなに複雑だとしても、たくさんの単純な波を足し合わせて出来ています。

つまり単純な波に分解(フーリエ変換といいます。)出来るということです。

 

フーリエ変換(積分)によって、時間領域を周波数領域へ変換し(sin,cosの2つの係数が計算され)、周波数の異なる成分に分けて数量として表します。

どんな周波数成分、どの程度含んでいるかがわかります。

 

この波の振幅を二乗し平方根をとると、波のもつエネルギー(強度)として表します。これをパワースペクトルといいます。

そしてある範囲内の、波のもつエネルギーをパワースペクトル密度PSD)といいます。

 

 

分解すると次の特徴的な成分が3つありますサーフィン

超低周波(VLF)成分…0.0033~0.04Hzのパワースペク トル成分の総和(血管運動・体温調節を反映する。→交感神経の付加活動に由来する。)

 

低周波数(LF)成分…0.04 ~ 0.15 Hzのパワースペク トル成分の総和(血管の血圧のフィードバック調節にともなう交感・副交感神経系活動の変調に由来する。)

 

高周波数(HF)成分…0.15 ~ 0.40 Hzのパワースペクトル成分の総和(呼吸変動(呼吸性不整脈)を反映する。→副交感神経系の活動の指標となる。)

 

この3つを含め、すべてのエネルギーの総和を、トータルパワー(TP)といいます。(上記の緑色に色付けした数値を、APGハートレーターSA-3000Plusは測定します。)

 

まとめると、心拍間変異度分析をするとは、心拍間隔の変化を測定し、交感神経・副交感神経の活動とバランスをみることで、自律神経機能を評価をするということです。

心拍をはかるだけでこんなに多くのことがわかるんですねコッペパン測定も、5分間指にクリップを挟むだけなのに、驚きです。

 

普段聞きなれない言葉が多かったかと思いますが、APGハートレーターSA-3000Plusで測定される数値が少しでも理解しやすくなれば幸いです食パン

次回、加速度脈波計をご説明しますね。

 

参照図書・文献

ぜんぶわかる人体解剖図/成美堂出版

心拍のゆらぎそのメカニズムと意義/早野順一郎*岡田暁宣*安間文彦 

電子情報通信学会「知識ベース」 電子情報通信学会 2011/執筆者:和田成夫

人間工学のための計測手法 第4部:生体電気現象その他の計測と解析(5)1 -自律神経系指標の計測と解析-/中川千鶴

心拍変動ノミイオフィードバック法の臨床応用 一治療的効果と理論的基礎について一/榊原 雅人

(by Dr.HONDA  2020/05/7)