E.Breath Clinic 心斎橋

口臭関連情報

+WEB予約

ページトップへ


Excellent Breath Project for KANA ・・相談掲示板による公開遠隔診療



Excellent Breath Project for KANA ・・プロローグ


この記事は、E.Breath Clinic 心斎橋(ほんだ歯科口臭外来部)のブログ https://ameblo.jp/ebreathclinic-news/entry-12596563559.htmlからの転載です。

本田です。

今はコロナで、ステイホームで、クリニックを訪れる人もいませんが、最近はインターネットで、画面を見ながら遠隔診療が導入され始めましたねキラキラ便利になったものです!

でも私は、インターネットや、IT技術も今ほどじゃなかった、20数年前に、掲示板を使って遠隔治療を成功させていました!!

しかも、誰でもその様子を見れる公開診療です!


もちろん掲示板なら、相手もハンドルネームで、顔もさらさないしプライバシーは守られます。

また、治療が成功したかどうかは、そのやり取りを見ていれば、誰でも判定できますね!

もう、20年以上も前から、口臭で悩み口臭外来にも行けない人たちに対して、実名で、アドバイスをして悩みの相談に応じる公開型の口臭相談掲示板を作っています。

今でも続けています。仕事が終わってフラフラになっても、一人ずつ向き合いながら相談に乗ってきました。これは、自分の勉強でもあり修行と思っています。

Dr.HONDAの口臭相談掲示板
https://www.honda.or.jp/content/ 
もう25年間、休まず続けています。

中高生なら、大阪まで来れないし、費用も自由診療ですから、そんなお金もない。

今 救っておかないと、とんでもないもなことになることを知っているからです。
そこには、本当に切実な悩みが寄せられます。
もしも、アドバイスで、相談に答えてあげたら救えるかもしれないからですキラキラ

そこでのエピソードです。

 

まさか、そこから、前代未聞の公開プロジェクトに発展するとは、その時は思いもよりませんでした。


それは、2002年 11月 28日 中学3年生の KANA という少女の書き込みから始まりました。何回もやり取りしているうちに、ちびまる子みたいな少女と思いました。


彼女の口臭の悩みは、かなり深刻でした!

いじめにもあったようで・・・それはそれは深刻なものでしたガーン

いったん、相談は中断後・・解決したのかなと思ったら

久しぶりに書き込まれたのが下矢印

 

次のようなな内容でした。2002年11月28日です

おぼえてますか? 名前:KANA 11/28(木)17:48

お久しぶりです。
最近は舌の運動やっていて(2週間たちました)、お母さんにも口臭を測ってもらっています。測ってもらうと「臭くない」と言います。
でも学校に行き友達としゃべると、手と鼻をおさえます。近くの席の男子は、鼻と口をおさえ私から離れていきます。やはり臭っているんです。どうしてでしょうか?
私的に精神的な問題と、リラックスができないから臭ってしまうんだと思います。
私は歩いて人と擦れ違うときどうしても、息を止めてしまいます。やはり、ダメでしょうか?
私のリラックスしているときは、口が半開きになっています。それでも
スマイル法のほうがいいんでしょうか?
自分で口臭を治す手順で歯科に行くとかいてあったんですが、必ず行かないといけないんですか?
後、4ヶ月で治したいんです!なぜなら高校生になるからです。
先生!助けてください。いいアドバイスをお願いします。。。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

彼女は、その日以後、毎日毎日アドバイスを求め、それに対して指導し、延々とやり取りは続いたのです。

そして、私は大学の口臭外来を受診するように指導したし、その前に歯科医院に相談するように、家族に相談するように、丁寧にアドバイスし、彼女は実行し、その結果を毎日掲示板で報告していました。

受験も迫っている、そんな精神状態で、受験はクリアーできるのだろうか?と心配もしました。

彼女は、高校に入学する前に何とか助けてほしいい・・タイムリミットは4カ月しかありません。その前に受験に成功しないと、高校生にもなれない。

そこで私は、「口臭のことは、今は忘れて、最初の関門である受験に専念して、合格したらもう一度相談に乗りましょう!」と提案しました。

希望の高校に入れなければ意味がないと思ったからです

この時点で、毎日のように掲示板に相談してこられるようになり数か月が経過しました。

やがて、年が明けて、次のような書き込みがあったのです


お願いがあります。 名前:KANA 1/7(火)13:13

あけましておめでとうございます。先生お久しぶりです。私は先生のおっしゃったとうり、毎日受験勉強を頑張っています。っといゆうことで、多分とうぶんの間ここの掲示板に来られる日がありません。なのでお願いがあります!私のこと忘れないで下さい!絶対に! もし、高校合格が決まったらすぐにこの掲示板にきます!そして、徹底的に口臭治療に取り組みたいと思います。しかし、ここの掲示板に来なくても基本的なことはやっていきます。舌の運動、朝の水、野菜を食べる、舌を動かす
などです。その他になにかやっておかなければならいことは、ありますか?  当分の間宜しくお願いします。
 

 


RE:お願いがあります。 名前:HONDA 1/7(火)13:42

>なのでお願いがあります!私のこと忘れないで下さい!

大丈夫です。ここで相談に応じた人のことや、患者のことは忘れないで覚えています。
心配しないで、残りわずかな期間を受験に専念してください。
受験勉強はタイムリミットのある、戦いです。後の人生を左右する可能性があります。後悔の無いようにベストを尽くしてください。

 

 こうして彼女は、アドバイス通りに、ばったり、掲示板から姿を消し、受験勉強に集中してくれました

2月1日になって、彼女が掲示板に出現しました。


お久しぶりです 名前:KANA 2/1(土)11:23

KANAです!覚えていたでしょうか??
昨日高校の合格発表でぶじ合格しました。なので口臭治療に専念したいと思います。
ここの掲示板に来ない間、やっていたことは、舌の運動・朝の水を飲むこと・舌は磨かないこと・舌をなるべく動かすことです。
舌を動かすことは授業中など集中していて忘れていたこともありました。食べるとき30回かむことは、できませんでした。そして、自分的に口臭の臭いは全然進歩がありませんでした。また、受験勉強で母に口臭を測ってもらうこともできませんでした・・・・・
これからまた、治療に入りたいと思うんですが、まず何からやればよいでしょうか??
また、前にも書き込みましたが、口臭外来はHONDA先生のところへいってみようかと、母と話し合っています。しかし、福島県なのでかなり遠いのですが。。。。だけど、徹底的に治すには先生のところの方がよいですよね??しかも先生は治療は3ヶ月を目標としているんですよね??
だから、その方がよいかな~と思っています。
これからまたよろしくお願いします!!
 


なんと、彼女は、福島県から東大阪のほんだ歯科に来るというのです。
当時は現在のように、無臭化素材の開発や診断機器の開発もできてなかったので、現在のように即時解決ではなく、悩みが消えるまで最長で3か月かかっていた時代です。

彼女は、ほんだ歯科に予約したいと言い出しました。

でも、その時最速で予約しても、予約は6月まで埋まっており、彼女の高校になるまでの解決の夢はかなわなくなります。

タイムリミットは3か月を切りそうです

時間がありません!

そして翌日、前代未聞の、公開掲示板を使っての遠隔診療をしてあげようと決断したのです。

 

彼女のひたむきさと、悩みの深さと、前向きに取り組む姿に、ある種の感動を覚えたからです。

また、掲示板のみで解決する手法は、以前にも成功した経験があったからです。彼女とやり取りをしだして3か月以上が経過していました。
その時のやり取りです。


質問! 名前:KANA 2/2(日)17:41

私は先生の指導を適切にやっていきたいと思っています。なので、前回のことについて質問してもよろしいでしょうか?

歯医者に行って来ることなんですが、掲示板にも載せましたが私は歯医者に行って口臭のことを前に相談しました。そして歯周病もありませんでした。このようなことはもうやってあります。しかし、鼻で臭いをかいではもらっていません。このような場合、もう一度受診すべきでしょうか?また、掲示板に載せましたが、口臭外来にも一度行ったことがあります。

RE:質問! 名前:HONDA 2/3(月)00:14
なるほど・・・あなたは、以前にアドバイスしたことを忠実に実行していますね。
現状では、いくつ歯医者に行っても、口臭外来受診しても失望だけが残りそうですね。ちょっと解決が難しい可能性が高いですね。

受験にも専念するように指導しました。その結果合格できたし。
合格祝いに、3年前に実験したことがありますが、この掲示板だけで、遠隔治療をやってみましょう。
3年前に行なった実験では、メールだけで治せるか、掲示板だけで治せるかということをしましたが、何れも成功しました。

合格祝いに、あなたが高校に上るまで、できれば卒業式が終わるまでに、完璧に掲示板を使って治してみましょう。合格できたことと、アドバイスを実行したことのご褒美ということで。
その前に
これから、指示することは、確実に実行するというのが条件ですが 守れますか?
必ず守るという約束と、必ず、毎日報告の義務があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こうして、高校に入学する日までに 深刻に悩むKANAさんの夢をかなえ、高校になれば口臭を気にすることなく行けるように掲示板だけのやり取りだけで公開遠隔カウンセリングによって解決するプロジェクトが開始されたのです。

このプロジェクトは「Excellent Breath Project for KANA」と名付けられ、掲示板でスタートしたのです。

当時は、たくさんの応援メッセージの書き込みあがりました。こうして、多くの人が見守る中で、公開診療が開始されました。

その前に、少し問診などを経て、このプロジェクトは2月17日にスタートさせ、期限は3か月後の2003年5月17日ということを宣言したのです。

その時の書き込みです

 

Excellent Breath Project for KANA  (今日から開始)-開始の宣言と注意点 HONDA 2/17(月)02:59 

いよいよ、Excellent Breath Project for KANAを開始します。
2003年2月17日から開始です。タイムリミットは2003年5月17日です。

これから、約1週間は、ほんだ歯科で最初に来た日に行なうのとよく似たこと(初診)を行ないます。

ほんだ歯科では、3人くらいのスタッフがかかりっきりで、2時間くらいかかることなので、KANAさんの場合は1週間かけます。

 

Mission はKANAさんの理解度に応じて、反応をチェックしながら少しずつ出して行きます。
これから1週間ほどは取り組みの中でも、最も大切な部分です。

 

これに失敗すると解決できる可能性は非常に低くなります。でも、がんばれば最初の1週間で約80パーセントは解決できる可能性が高くなります。
当分は、原因を考察し、取り組みの方向性について作戦会議を開きます。これがこの1週間で行なうことです。

実際にKANAさんを、診察せずに、指導し解決することはことは至難の業です。(多くの大学病院の口臭外来や歯科や精神科で、お金を払って実際に面接や検査をしても解決できないのですから、これからやろうとしていることはいかに難しいか分かるでしょう。)でも大丈夫です。お互いがんばりましょう。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして2003年2月17日からタイムリミットは2003年5月17日とする 公開遠隔診療
Excellent Breath Project for KANA 
がスタートしたのでした。

そのすべての記録(掲示板でのやり取り)が、保管されていて、今も公開しています。

Excellent Breath Project for KANA
http://www.age.ne.jp/x/rie-d/kana-t1.htm

次回は、2003年5月17日、無事この試みは成功したのか?

その後の、KANA さん、そして今の17年後のKANAは・・・へと続きます。

 


Excellent Breath Project for KANA ・・公開掲示板遠隔診療の結末


本田です

口臭は多くの人が気にする問題ですが、中に10人に1人くらいは「悩み」になる人がいます。
解決しないと、その悩みはどんどん大きくなり、やがては、人との会話がおっくうになり、いつもいつも 3密 を避けるようになります。


でも普通の時は、他人と近い距離で楽しく会話して、彼氏・彼女ならスキンシップも楽しみたいし、カラオケで思う存分歌って騒ぎたいはず。

3密を避ける生活は、ストレスを抱え、いわゆる「コロナ疲れ」を多くの人は経験されたと思いますが、口臭で悩む人たちにとっては「安息の時期です」なんです照れ

でも、口臭で悩みだすと、解決するまで人知れず悩み続けます。
なぜなら相談する相手がいないからです。

自分の口臭のことを誰かに聞くということは、最大に勇気のいることですから・・・えー

(実年齢-15)年の悩みになっていきます。多くは、中学3年生あたりに発症することが多いからです。

35才の患者なら、20年間も悩み続け、その間、なるべく人と接触を避けるようになります。

人を恐れる目つきは、周囲の人も口臭ではなく、その雰囲気で避けられてしまうでしょう。

中には、外には出れなくなり、引きこもる人も少なくないし、彼氏も彼女も作れないし結婚でもできないし、また、人込みは無理なので、電車にもバスにも何十年も乗れなくなる人も出てきます。

もちろん、悩んでいるのですからメンタルも病的になり、多くは口臭外来を受診しても精神科を紹介されることが多く、精神科では「口臭恐怖症」「鬱」「統合失調症」「双極性障害」・・・・

いろいろな病名が付き、精神薬ばかり飲んでも、彼らの口臭不安は消えることもないというのが実態です。

発症が、未成年の時が多く、その時に解決しておけば長く悩むこともないのに・・・
と思いますが、その時にいくら両親に口臭で悩んでいて「口臭外来」を受診したいと訴えたところで、親からすればにおいを感じたこともないし、生理的な口臭くらいであれば、誰にでもあるし、高いお金(口臭症治療はどこも保険外診療のため)出して行く必要がないと却下されしまいますムキーハッ

何か、自殺未遂や、引きこもり、不登校などを起こして初めて来院されることが多いのです

多くの場合は、結局は成人して自分のお金で行けるときまで待たないといけなくなりますガーン

その場合も、家族には内緒で、来られるのです。

でも、その間にも病態はどんどん進行してしまい、中高生の時に、本来ならだれでもが享受する青春時代のいい時を逃してしまう結果になるのです。



また、心に大きな傷を背負っていく人もいます。両親への失望・・など

そのような人たちに、25年前から、無償で、公開型の悩みの掲示板を作り、診療終了後、一人一人にアドバイスを行う口臭相談掲示板を開設していました。これは現在も続けています。

Dr.HONDAの口臭相談室
https://www.honda.or.jp/content/

この掲示板には、毎日毎日悲痛な悩みが寄せられます

一人でも多くの悩む人の救いキラキラ虹になればという思いで続けてきました。

さらに、口臭に関する情報も公開してきました。
口臭関連情報 https://www.honda.or.jp/breath/
最新版:https://ebreathclinic.com/web/blog/index/list.html


いまから、18年前、掲示板で相談を受けた中学3年生の KANAさん の相談に応じていくうちに、ひょんなことから、掲示板のやり取りだけで、しかも3か月以内に悩みを解決するという「公開掲示板による遠隔診療」をすることになったのです。

そのいきさつは

Excellent Breath Project for KANA ・・プロローグ を見てください

こうして2003年2月17日からタイムリミットは2003年5月17日とする 公開遠隔診療
Excellent Breath Project for KANA 
がスタートしたのでした。キラキラキラキラ

そのすべての記録(掲示板でのやり取り)が、保管されていて、今も公開しています。

Excellent Breath Project for KANA
http://www.age.ne.jp/x/rie-d/kana-t1.htm

さて、約束の2003年、5月 17日が・・・ついにやってきました。

その結末はいかに?
最終日 5月16日の書き込みです。




5月16日の日記 KANA 5/16(金)23:38 
生活記録(略)
今日は学校の20キロ歩く行事で1日歩いていた。朝少し気になったがお菓子を食べたら消えた。お菓子を食べながら歩いていた。午前中チョコのポッキーなどを食べて他のだがほとんど気にならなかった。なので結構話しながら歩いていた。お昼おにぎり一個を食べてから水でゴシゴシした。そのあとも気にならなかった。午後もお菓子などをくいなが歩いちゃ。たまに少し気になったときは水でゴシゴシした。でも今日はほとんど気にならなかった。だから楽しかった★
3時頃大会が終わっておにぎりを食べた。その後はすこーしきになったが普通にいろんな人と話した。
帰宅後は寝た。起きたときは起床時の口臭が感じられた。
晩飯後は晩飯の味が残っていた。時間が経つと口臭が感じられた。なので水をのんだりゴシゴシしたりした。

今日はほとんど気にならないで友達と楽しんで歩いた★だからたくさんお話した!
今日は最終日だった。今日はあまり気にしないで楽しく最終日を迎えることができて良かった。

明日、答辞を書きますね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それに対する私の返事

「進ぬ!電波少年的試み」Excellent Breath Project for KANA --最後の Mission-- 名前:HONDA 5/17(土)03:11

「歯医者でも、大学の口臭外来でも解決できなかった 口臭少女 会津のKANA は3ヶ月以内に掲示板だけで克服できるか?」という試みも、とうとう最後の日が終わりましたね。Project最後の日が楽しく過ごせたことを一緒に喜ぼう!

この試みは、私が最も助けたい、どうしようもなく困っている全国の口臭で悩む非力な中高生諸君に大きな希望と勇気を与えたと思います。

私なりの、この Projectの目的は、KANAさんの悲願であった「楽しい高校生活を送れるように」を手伝うこと。同時に、口臭に悩む多くの中高生諸君に、最も悲惨な状態だったKANAさんをモデルに、ほんだ歯科に来なくても、この掲示板の情報だけでも、家族の協力者を得て、最寄の歯医者を利用し、冷静な分析と、たゆまない努力で3ヶ月で口臭にかかわる問題を克服できることを証明したかったのです。
まだ、口臭に対して多少の不安を残すものの、国民の90パーセントの人が、時々自分の口臭(自臭)が気になりつつも、どうして良いのかわからなくすごしている現実を考えると、KANAさんは、少なくとも不安な時に何をなすべきかを知っているし、知識も身についているのですから恐れることはありません。精神的生活の質も驚くほど改善しました。
昨年冬に、この掲示板にアクセスしてパニックになっていた頃のKANAさんも、今は別人のように光っているように見えます。そしてたくましくなったように思います。

限られた情報の中でできる限りの全てをアドバイスしてきたしベストを尽くしました。KANAさんも全部、実行し吸収できたと思います。これから、困った時は、きっと私と同じように考えることができるでしょう。Peojectは終了するけど、恐れなくても大丈夫です。私はKANAさんの頭の中にいるのと同じだから。

これからは、1人で、さらに Excellent Breathを維持していかねばなりません。本当の試練はこれからです。この先困った時は、過去の自分の記録を読み返してください。そして冷静に考えることです。

人は集団の中で生かされています。周囲の人に対して迷惑をかけて悩むこともありますが、結局は周囲の人の力を借りてこそ救われるのです。人は誰でも、誰かに迷惑をかけることもあるし、気がつかないこともあるし、それはお互い様。迷惑かなと思えば、悩まずに周囲の人に謝り聞いてみたら、人はやさしく応えてくれるはずです。これが「生かされる」ことでしょう。
ほんの少しの勇気さへあれば解決できます。そして勇気と冷静な判断とたゆまぬ努力を続ければ、どんな困難な問題もきっと解決の糸口が見つかるはずです。

ここに、Excellent Breath for KANA の全ての Missionを達成し最後までよく頑張り目標を達成できたことを讃えます。
この Projectの全ての記録は、口臭対策室に永久保存されます。
もしも、この先の人生で落ち込んだ時、読み返してみるといいでしょう。この時に輝いてた自分自身を見出すでしょう。きっと勇気がわいてくるはずです。

Project 達成の記念に、KANAさんにプレゼントがあります。
いつか、KANAさんが大阪に来た時には、是非ほんだ歯科に立ち寄ってください。
その時に「ほんだ歯科の世界で最も厳しい口臭検査のすべてを無償で受ける権利」を贈呈します。「その日まで、Excellent Breath にこだわり維持してください。」これが最後の Mission です。

これからも、この経験を忘れずに頑張ってください。これからは口臭には自信を持って、KANAさん自身の別の Projectにチャレンジしていってください。

今日から、KANAさんは、他の人たちと同じように この掲示板の読者の一人に戻ります。
叉、時々近況を報告してください。もちろん、困った時は、他の人と同様に相談にのります。他の困っている人にもアドバイスしてあげてください。高校生活をエンジョイして素敵な彼氏ができれば報告してください。

最後に、KANAさんを陰で支えたお母さんや家族、中学校の担任の先生、最寄の歯医者、そして、画面の向こうからエールを送り続けてくれたこの掲示板の読者の皆さんに感謝を忘れないことです。


Excellent Breath for KANA 終了 2003年5月17日   Dr.S.HONDA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


KANAさんは、無事 Excellent Breath for KANA を成し遂げ、私はご褒美に「「ほんだ歯科の世界で最も厳しい口臭検査のすべてを無償で受ける権利」を贈呈することにしたのです。

明日は二人で卒業式、立会人は掲示板を見ていた多くの応援を送ってくれた人たち、さて、どんな答辞だろ?

次回に続く


Excellent Breath Project for KANA ・・KANAの答辞


ひょんなことから、今から18年前に、現在も継続している口臭相談掲示板に相談に来た中学3年生の KANAさん に対して、公開掲示板での遠隔診療をスターさせました!

当時は今ほどインターネットも普及しておらず、ましてや、オンライン診療などない時代、深刻に悩み、パニックに陥っていた少女を救うと同時に、同じように悩み続ける中高生に希望キラキラを捨てず、冷静に判断し、行動すれば不安なく過ごせることを示すことが目的でした。

彼女は、最寄りの歯科、大学の口臭外来、いろいろな病院を転々する重症な患者でした。学校ではいじめにもあい、人を恐れる日々でしたガーン

この、掲示板のやり取りで解決していくプロジェクトをExcellent Breath Project for KANAと名付け、2003年2月17日からタイムリミットを2003年5月17日とする 公開遠隔診療
がスタートし、5月17日 無事終了したのです。
ここまでのエピソードは下矢印下矢印をご覧ください

Excellent Breath Project for KANA ・・プロローグ

Excellent Breath Project for KANA ・・公開掲示板遠隔診療の結末

2003年5月18日は、掲示板を見て、エールを送り続けられた同じように悩んでおられた多くに人たと私に対して 高校1年生になったKANAさんは答辞を寄せてくれました。




(読みやすく 改行しています。本文はそのままです)
Excellent Breath Project for KANA 答辞
 KANA 5/18(日)00:27 

Excellent Breath Project for KANA 答辞

私は中学3年生の冬になる頃にここの掲示板に訪れて運命的な出会いがありました。それはHONDA先生に会えた事と私と同じで口臭で悩んでいる人がこんなにもいるんだと言うことだった。

最初掲示板に来たときは何をどうしたら良いか全く分からずとにかく口臭を治したいのことしか頭になかった。

そんなパニックに落ち追ってる私を冷静に答えてくれたのがホンダ先生だった。

掲示板を訪れるごとに口臭は治せるんだと言うことにきがつき少し心の余裕ができました。

あるときホンダ先生が私の言うことを一つ一つ忠実に行えば口臭は降伏できると言われ私はその言葉を信じた。

そして言われたことをすべて行った。近くの歯医者に行き大学病院にも行った。

しかし近くの歯医者ではそんなの気にするなと言う感じで終わり、大学病院では私より口臭の知識が無いような感じで、話を聞かされたったの1日で診察は終了した。

 

私はこれからどうしようという感じでパニックになった。しかしその頃私は受験だった。

その時も先生に指示されたとうり一旦口臭のことは忘れ掲示板に来ないように指示され受験に没頭した。そのおかげで一期試験(自己推薦)で合格することができた。


そして再び口臭治療に専念することにした。


そこへ私に大チャンスが訪れた。掲示板だけでの遠距離治療を中高生代表に私が選ばれたのだ。

最初Projectをやるにおいて困難なことでも必ず指示にしたがわなければならないと言うことが少し気にかかったが口臭を降伏するのなら何でもやる!

めったに無いチャンスだと思いProjectをやることに決めた。

Projectの準備期間中、口臭対策室の記事をほとんど読んだ。

そのことによって口臭についてたくさんのことを学んだ。

そして口臭は治るという問題ではなく自分でコントロールするということが分かった。


Projectが始まり私は先生の指示されたことはすべてやったつもりだ。

たまに指示されたことを忘れたりしたときもあったが・・・


毎日の日記も体が疲れていようが風邪を引いていようが毎日欠かさなかった。

これは私が一度決めたことはやりとうすと決めたからだ。


月日がたっていくうちに口腔内も少し変化していった。

また口臭には自覚的口臭と他覚的口臭があり、自分が感じることがあっても他人がわからないときがほとんどっていうことも分かった。

なので今でも気になるときは母に口臭をチェックしてもらっている。


そして精神的にもかなり強くなっていった。

掲示板を訪れた頃は絶対男子とは話さない!また嫌がらせをやられるだけだ!と思っていた。

しかし日に日に男子とも話せるようになって今では仲の良い友達もできた。

しかしまだ男子に対して抜けない面は少しあるが・・・男子と擦れ違うときはほんの少し抵抗はあるが普通にいられるようになった。

そして女子も新しい友達もたくさんできてきた。先輩とも笑顔で話せるようになった。


またしぐさについてもかなり改善した。前までは鼻に手を当てただけであたしの口臭が臭いからだと思いこみ不安になり息を止めて緊張時の口臭を発生していたと思う。

今ではそのようなしぐさを見ても冷静に判断し普通に鼻呼吸できるようになった。

このように大きく変われることができたたのは本田先生を元に協力者のお母さん。

担任の先生。Projectを手伝ってくれた歯医者さん。

掲示板のりえ先生。掲示板での私を応援してくださった人たちです。本当に感謝しています。ありがとうございました。

また私の記録も永久保存されるのがとてもうれしいです。皆さんのやくにたったらなによりです。


私もExcellent Breath Project for KANA の日記はすべてプリントしているので一生大切にします。つまずいたらこの日記をよみ返します。

私は今日で卒業しますがまだ私はこれからです。一人でやっていかなければなりません!

以前本田先生にExcellent Breath Project for KANA が終わってしまうのが怖いと言いましたが今では頑張ってやっていけそうです。

精神面もExcellent Breathも鍛えていきたいと思っています!!Excellent Breath にこだわり維持していきたいと思っています!

今度必ずホンダ歯科に行き「ほんだ歯科の世界で最も厳しい口臭検査のすべてを無償で受ける権利」を受けに行きますね!

最後にホンダ先生!本当に本当に有難うございました。またこれからも困ったとき宜しくお願いします。ちょくちょく掲示板に嬉しい出来事などカキコしたいと思っています。


今日5月17日でExcellent Breath Project for KANA を卒業することができました。

答辞           
Excellent Breath Project for KANA

2003年 5月 17日   KANA

*******みなさんへ********
 

私はこのExcellent Breath Project for KANA でたくさんのとこを学び変われることができました。

私はこんな事言ってよいなのか分かりませんが口臭を降伏するのは最終的には自分次第だと思います。

自分を信じてチャレンジなんです。またホンダ先生の指示に従うこともとても重要なことだと思います。

また掲示板を読むと口臭対策室を読めば分かるようなことが質問されていることが多いです。

わたしも最初はそうでした。しかし口臭対策室の記事はすべて読むべきだと思います。

そのなかでたくさん学ぶことができ解決策も見つかると思います。ですので最初はまず口臭対策質の記事を読むことが大事だと思います!

わたしもちょくちょく口臭対策室にくると思います。そのなかでみんなの役に立てたらよいなと思っています。


なのでこれからも宜しくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうして、壮大なプロジェクトは無事終了した。

インターネット環境も、今ほど便利ではなく、ましてやオンライン診療なんてなかった17年前のエピソードです。

もし、中高生で、家族にいくら相談しても無視されて途方に暮れている諸君。なるべく早いうちに解決させた方がいい!
E.Breath Clinic 心斎橋(ほんだ歯科口臭外来部)に来なくても、必ず解決できます。

まずは、

口臭関連情報 https://www.honda.or.jp/breath/
最新版:https://ebreathclinic.com/web/blog/index/list.html

に自分が悩んでいることに関係すること載っていないか読んでみてください。
たいていのことは解決できるように解説しています。

それでも、ダメなら
Dr.HONDAの口臭相談室
https://www.honda.or.jp/content/

に相談してください。あなたが誰であるか?は決してわからないので。身バレすることはありません。そして、必ず、私が直接返事を出します。

誰にも、相談できず孤独の中で、悩んでいる方がいれば、今ならもっと便利な、無料オンラインカウンセリング(30分)もありますから、勇気を出して相談してください!

有料版は、治療をすでに受けている方が対象です。

無料オンラインシステム
https://ebreathclinic.com/online/

昨日のオンライン診療

このシステムを利用すると、無料で、一般用ではなく、治療用の高度な無臭化素材も利用できます! 居ながらにして、最高峰の無臭化を体験できます!

その他の歯科相談もOKです。

どんなに臭い人(病的口臭)でも、治らない病気がもとで起こる口臭についても大丈夫です!

2003年当時は、重症の人なら、悩みが消えるまで、数か月かかりましたが、今ならうまくすればその日のうちに解決できます。

精神科でいっぱい病名付けられて、それでも口臭不安が消えず、一人でもがき苦しんでいる人がいれば、悩みの原因は、口臭なので決して精神病ではないし、あなたの悩みの口臭は幻覚ではありません。悩みのもとがなくなれば、不安は消えるはず!

一緒に頑張りましょう!解決できない口臭はありません!

それと、20数年前から「私 失敗しないので!」ご安心ください!

なぜかというと 「私 失敗しないので!」をご覧くださいニヤニヤ

次回は、その後の KANAさん・・・現在のKANAさんへと続きます。


Excellent Breath Project for KANA ・・その後のKANAさん


本田です。

ひょんなことから、今から18年前に、現在も継続している口臭相談掲示板に相談に来た、深刻に口臭で悩む中学3年生の KANAさん に対して、公開掲示板での遠隔診療をスターさせました!

これまでのエピソードです下矢印下矢印
Excellent Breath Project for KANA ・・プロローグ
Excellent Breath Project for KANA ・・公開掲示板遠隔診療の結末
Excellent Breath Project for KANA ・・KANAの答辞


一人の患者さんの治療が終わっても、メンタルが絡む場合は、しばらく連絡がない場合は「どうしているのかな?」「その後、元気にしているのかな・・・」といつも思います。

KANAさんは、2002年の年末から2003年のProjectが終了する、5月18日までほぼ半年、毎日公開掲示板でやり取りしていましたが、その日以来、忽然と掲示板に現れなくなりました・・・

「便りがないのは良い知らせ」とはいうものの、どうしているのかなぁ・・・

と思っていたら・・・9月23日、再び掲示板に書き込みがあったのです。

実に4か月ぶりです。


読みやすく改行しています。下矢印
その後のKANAさん・・Excellent Breath Project forKANA (番外編)

2003年秋の書き込みより


大変お久しぶりです!! 名前:KANA 9/23(火)18:58

こんばんわ。KANAです。大変お久しぶりです。

最近結構ホンダ歯科のホームページには来ていたのですがなかなかカキコすることができませんでした。

卒業したときはほとんどここに来るとか言っておいて全然来ていませんでしたね・・・すみませんでした。

その頃は高校生活をなめてました!!

高校に入って5ヶ月経ちましたが、もーーー!!かなり毎日がハードです!!バトミントン部に入ってから土日も休む日も無く部活を頑張って私の大好きな格闘技もやっています!!

だから家に帰ってからはご飯を食べて風呂に入って寝る!!!これだけで精一杯って感じです(笑)
それで、今日は珍しく部活がやすみでのんびりできたので来ました★

ところで学校では、本当に前と比べると男子と話せるようになっています!!

結構普通に★仲の良い男子友達も結構できました♪だから中学のときみたいに学校が嫌なんて全然かんじません!!女子の友達もかなり増えましたね♪♪

それで、自分の口臭が気になったときは今まで習ったやり方で対策しています。

それで体調が悪いときとか夕方や空腹時にはやはり口臭が感じられたりするが焦らず対策しています。

それで気になったとしても気にしないようにしています!

気にするから口臭がどんどん悪化して緊張時の口臭にしてしまうんですもんね!!
ってな感じで自分なりにうまくやっています。

このように楽しく生活できていられるのはホンダ先生のおかげなんです!

あらためてありがとうございました!!!そしてこれからもよろしくおねがいしますね♪

それで、私の記録がたくさんの人に読んで頂いてとてもうれしいです★
なにか私の日記だけでも役に立てたらよいと思ってます。

プロジェクト卒業してから4ヶ月経ちました…今はとても楽しいです!!
以上KANAからの報告でした!

またカキコしに来ます!なるべく近いうちに来れたら…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
久しぶりの書き込みに、安堵しました・・・ウインク

すっかり、高校生活をエンジョイキラキラ音譜しているみたいで、安心しました。

さらに、KANAさんと掲示板でかかわるようになって、約1年後に再び近況報告の書き込みがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次に書き込みがあったのは、2003年も、押し迫った12月30日でした。

1年前の12月と言えば、本当にパニック状態で、毎日「助けてほしい!」という書き込みがありましたが、あれから1年が経過しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

その後のKANAさん・・Excellent Breath Project forKANA (番外編)
 

2003年冬の書き込みより


大変お久しぶりです。 名前:KANA 12/30(火)23:10

KANAです。お元気でしたか??私は今冬休みを楽しく過ごさせて頂いています。

 

私は最近とても進歩したことがありました!!!たくさん報告させていただきます。


まず学校で授業を受けているときはやはり空腹時の口臭が少し気になっていたりしましたが、自分なりの対策で何とか頑張っていました。

 

でもあの頃と比べると全然しぐさなどは気にしていません。

 

気になったときは自分の頭の中で整理しながら落ち着いて行動しています。でもあの頃と比べると別人です☆


そして10月に学校で文化祭がありました。そのときはクラスでいろいろ準備をしたりして男子ととても仲良く話して準備をすることができ、文化祭から男の子の友達がもっと増えたし深い関係になることができました。

 

そして文化祭が終わってから男子と一緒にクラスパーティーもやり本当に男子と仲良くなりました!!!

また文化祭がきっかけで3年生の男子とも仲良くなることができました!!!本当にびっくりです。

その先輩とはたくさん話したり遊んだりしています。恋までは発展しないのですが…(笑)

先輩、後輩という中で仲良くなっています。

また昨日その先輩と他の友達でカラオケに行きました。男子と行くのは初めてです!!

本当今の私の中には「口臭は気にするな♪」って軽い気持ちでカラオケをすることができました!!本当に歌いまくりでした。少し口が渇いたら水を飲んでいました。

このように男子が大の苦手な私が男子と仲良く慣れたのは本当に本田先生のおかげだと思っています!!

本当にありがとうございます!!

また男子だけではなく女の人でも前と比べると普通に話せるようになりました。友達も増えました。

それでプロジェクトを卒業してからのことを振り返って見ると、やっぱり自分から挑戦していかないと何も始まらないなって思いました。

だから卒業した後はなるべくいろんな人としゃべるようにしました。

そしたら成功しました。

また少し口臭が気になったときもありました。

けど下向きに考えないでそこでどんな対処をしたら良いかなど考えて行動しました。すぐに冷静に考えれるようになりました。やっぱり挑戦なんですね!

私の戦いはまだ終わりじゃないなって思います!!これからもっといろいろなことに挑戦していきたいと思っています。

Excellent Breathをいつも頭の中におき卒業に言われたこと Excellent Breath を維持していきたいと思います!

まだ完全なる自信はついていないのでこれからも挑戦です!!来年も頑張ります!!
とりあえず目標であった高校生活はとても楽しく生活しています。


今年は本当にホンダ先生にお世話になったなって思います。

プロジェクトを私に指導してくださったこと心から感謝しています…!!
本当に今年はお世話になりました。来年もKANAを宜しくお願い致します。
また報告しにきますね♪良い年を…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして、KANAさんのその後も知ることができて、私の中の ミッションは終了した。

それ以後、KANAさんは、掲示板には出現することはなかった・・・

しかし、彼女のとのかかわりは、これで終わりではなかった・・・・

 

人生でいろいろな人と出会い、別れていくけれと・・どのような関りであたっとしても大切にするようにしてる。

もう、すっかり彼女のことも忘れかけて。何年もたったころ・・・・・

 

再びひょんなことから、すっかりと成人した  リアル KANA さんに出会うことになるとは・・・

さらに、現在に続く・・・・・

彼女はいつもひょこりっと出現してくるのだ・・・

私は を想像していたのだが・・・・リアルKANAさんは・・・

次に続く