E.Breath Clinic 心斎橋

口臭関連情報

+WEB予約

ページトップへ


口臭症という病気



口臭症とは?どんな病気?


口臭症とは、日本口臭学会の学術的な定義は「生理的・器質的(身体的)・精神的な原因により口臭に対して不安を感じる症状である。」とされています。
とても、わかりにくく、サラッと定義されていますが・・実際20年以上も、このような患者さんに接していると、いかに大変な病気であるかわかります。
口臭症の人は、何かのきっかけ・・・たまたま、親しい人に口臭を指摘されたとか、誰かさんの口臭を感じて、似たような口臭を自覚したとか、誰かが人前で指摘されているのを目撃したとか・・
そんな体験から「自分も口臭があって、誰からの指摘は受けないけど、いつも会話のたびに周囲の人に迷惑をかけているのではないか」と思うようになるのです。
それ以来、少しでも誰にでも経験するような、些細な自分の口臭を自覚するたびに、人と接触することが怖くなるのです。
怖くなると、口はカラカラ、ネバネバしてき挙句の果てに、本当に(緊張時口臭)を誘発してしまって、しゃべるたびに臭くなります。
でも、一人になると、不安や緊張がなくなり、口臭は消えます。
家族など信頼のおける人や、別に少しくらいは臭っていてもいいかなと思える相手だと、口臭は起こりません。

このような経験を持つと周囲に人がいると、口臭が起こりやすくなり、それをまた自覚するので、怖くなり、怖くなるから緊張して更に口臭を引きおこすという悪循環に陥ります。
その結果、人と会話ができなくなったり(本当は会話したいにもかかわらず・・・)
ついには、人の集団さへも怖くなっていきます。
その結果社会に適応できなくなる人もいます。

私は20年以上前から、7000人を超える口臭症の患者さんに接しましたが、本当に口臭症に陥ると、蟻地獄のように人生が狂うほど孤独で辛くなる姿を見てきました。

これが、口臭症の実態なのです。概ね発症時期は中高生のときで、(年齢ー15)年くらい悩まれています。そして悩んでいる間は、まともな社会生活もできなくなり、尽きたい仕事につけなくなったり、恋愛を諦めたり、結婚できなくなったり、いじめにあったり、とてもつらい人生になります。
したがって、口臭症は悩み始めたときに解決することが重要なのです。
でも、だいじょうぶでも、大丈夫です!あなただだけではないし、無臭化は可能ですし、悩んでいる本当の原因さえわかれば、不安も消えて本来の自分を取り戻せます。
そのためには、本当に正しい知識をみにつけることです。(by HONDA)